2018年の振り返りと、2019年への抱負。

けいぼー

こんにちは、けいぼーです。

今回は2019年1発目ということで、去年の反省を踏まえつつ、今年の抱負を語っていきたいと思います。

なるべく、手短に行きます。

自分の弱さと向き合えて、人間的に成長できた

2019年、ぼくは休学をしました。

休学をするまでは、「時間がないから…」など他に責任をなすりつけて、挑戦・行動することを避けてきました。

しかし、休学をして時間を作ることで、自分が挑戦・行動をしてこなかったのは、まぎれもなく自分の自信のなさからきているものだと思い知らされました。

その自信のなさに気づいたのは、2018年度末。あるきっかけによって、気づきました。(詳細は省きます。)

ですので、2019年は、どんなに小さなことでも未知の経験にどんどん足をつっこんで、経験による自信をつけていくべきだと思いました。

ただ、この弱さと向き合えたこと自体が、2018年に大きく成長できた部分だと考えています。

1点集中の意味をはき違えた

上記と関連した反省点があります。

「成功するためには、1点集中だ!」みたいなことがよく言われていますよね。

ぼくもそこにあやかって、1点集中で物事に取り組もうと考えました。

しかし、ぼくがやっていた1点集中は、自分のできることの枠から抜け出そうとせずに、ただ与えられた環境に甘えていただけの1点集中だったのです。

このことに気づいたぼくは、1点集中のとらえ方を変えました。

それは、自分の軸を決め、そこに対して1点集中するということ。

人が用意してくれたものに甘えるのではなく、それを自分軸に寄せて考えて、1点集中する。

聞く人が聞けば当たり前なことなのでしょうけど、自分にとってはかなりいい気づく2018年になりました。

自分のやりたいことを原体験から見つけられた、2019年の行動軸

2018年に自分の弱さと向き合うと同時に、自分の本当にやりたいことと向き合いました。

そして、自分の原体験からやりたいことがわかりました。

1つは「教育」。学校教育で苦しんだぼくは、学校教育のおかしさを変えたい。

主体性をはぐくむのではなく、合わせられる人間を育てる。人に合わせることができなかった自分だからこそ反抗できたけど、それにあらがえずに苦しんでいる人がいる。そんな人たちを、教育変革によって救いたい。

もう1つが「働くことの面白さを伝える」ということ。

大学入学時のぼくの就職することへの印象は「怖い」でした。

ただ、インターン経験を経た今では、働くことに対してはポジティブなイメージしかありません。

大学入学時のぼくのように、働くことに対してネガティブなイメージを持っている人はたくさんいると思います。そんな人たちに、働くことの楽しさを伝えたい。

また、今働いている環境などで苦しんでいる人たちも救いたい。そんな思いで、今年は動いていきたいと思います。

今年もよろしくお願いします

ということで、自分の行動軸がかなり固まった2018年と、それに基づいて動いていこうという2019年への抱負でした。

今年もよろしくお願いします!