休学する理由がはっきりしてるならためらうな。なんとなくなら、やめておけ。

けいぼー

こんにちは、休学中のけいぼーです。

ぼくはいま、早稲田大学を休学しています。

昔に比べ、世間は休学に対して寛容になったと言われています。一方で、まだまだ「休学=してはいけないもの」という認識も強いようです。

ですが、休学しているぼくの意見は、「休学する理由がはっきりしてるならためらうな。なんとなくなら、やめておけ。」というものです。

休学するだけでは、何も変わらない。まわりの環境も整えたうえで、時間を有効活用するべし

ぶっちゃけた話、休学しただけでは何も変わりませんw

大学を1年休むだけですからね。時間がめちゃくちゃできて、生活にゆとりができるというのはありますが。

そして、今まで時間がないことを言い訳に行動していなかった人が、時間ができていきなり変わるということもありません。

はい、まさにぼくのことです。笑

休学というのは、完全に個人プレーになりがちです。なので、休学して変わりたいのであれば、まわりの環境から整える必要があります。

時間がないと言い訳している人が、休学して時間を得たところで、ほかのことをしだします。

自分の休学した目的や目標をきちんと追っていけるような、まわりの環境をととのえることが大事なのです。

なぜなら、人間はよくも悪くもまわりに流されやすいからです。

海外に留学行くのでもいいし、インターンするのでもいい。大事なのは、自分が休学した目的だったり、目標だったりを追えるだけの環境を整備することだと思います。

大事なのは、「なぜ休学するのか」を意識しながら行動すること

さきほど、休学してできた時間の活かし方の1つとして、環境を整えるということを書きました。

それに加えてもう1つ大事なのが、「なぜ休学するのか」を意識しながら行動することです。

休学というのは、まわりからしたら普通の選択ではありません。

ではなぜ、周りと違う選択をしてでも、時間を作って休学したのか。

常に意識しながら行動する必要があります。

なぜなら、休学した理由を意識しないと、「ま、いっか」と毎日過ごしてしまうからです。

授業を切った時って誰しもあるじゃないですか。あのときと同じ感覚で365日アッという間に過ぎていくなんてざらにありますww

ぼくも休学して2か月くらい個人プレーで活動していた時は、完全に堕落した生活を送っていました。

昼に起きて、納期に間に合うようにオールするみたいな…ww

なので、休学する目的がそもそもはっきりしていない人には、あまり休学をおすすめしません。

ただ、休学した目的を意識するとはいっても、途中で変わるぶんには全然いいと思います。

なぜなら、そうして自分の意志で踏み出した経験と勇気があれば、また改善して走り出せるからです。

経験がある人とない人では、つぎの行動に雲泥の差がでます。

ですので、休学に悩んでいる時点で目的がはっきりしている人はサッサと休学する。そして、その休学理由がとちゅうでなくなってしまったら、違う理由を探す。

そして、休学する人は全員「何で休学したのか」を常に意識して行動することをおすすめします。

なんとなくで過ごしてたら、マジであっという間に時間なくなりますよ(笑)

休学する理由がはっきりしてるならためらうな。なんとなくなら、やめておけ。

要するになにが言いたかったかというと、「休学する理由がはっきりしてるならためらうな。なんとなくなら、やめておけ。」ということ。

すこしまとまりがないですが、ぼくの休学に対するポジションを明確にできたということで。笑