働くことの楽しさを伝えるために、自分が笑顔で仕事を楽しむ。

今日はこのツイートを掘り下げていきます。

「働くことの楽しさを伝えたい」

ぼくは、大学1年のときに「働くこと」に対して、漠然とした不安を持っていました。

身の回りで働いている大人で、楽しそうに働いている大人をあまり見たことがなかったからです。

でも、大学に入っていろんな世界をみて、楽しそうに働いている大人・自由に働いている大人と出会っていくうちに、ぼくの中の不安は消えていきました。

それに加えて、自分で実際に「働く」過程を通じて、「働くこと」の楽しさに気づいていきました。

なので、「働くこと」に対して、漠然と不安に思ってい人たちに、「働くこと」の楽しさを伝えていきたい。

ぼくはそう思っています。

「働くことの楽しさを伝えたい」なら、自分が笑顔満点で働くことが一番

この思いを、インターン先の社員さんに伝えました。

そして、そこで言われた言葉が、ぼくの胸に深く突き刺さりました。

それは、「まず自分が笑顔満点で働いて、身近な人に伝えていくことが先決だろ」ということ。

ぼくは、感情表現が得意な方ではないので、今までそこを意識したことはありませんでした。

でも、そんな感情表現が得意でないぼくでも、笑顔になってしまう。

そのくらい「働くこと」には楽しさがあるから、自分が笑顔満点で働いていこうと思う。

まずは身近、発信は拡声器でしかない

この言葉を聞いて、思ったことがあります。

それは、「発信は拡声器でしかない」ということ。

個人での発信が叫ばれていますが、発信とは結局「リアルの延長」。

リアルでの意見を、拡声器でインターネットに流しているにすぎないのです。

なので、ぼくはまず「笑顔満点で働く」。

身近に「働くこと」の楽しさを伝えていく。

そこからはじめていこうとおもいます。

けいぼー

Twitterもやっていますので、よろしければフォローお願いします!